TW125(200)

機械式の汎用メーター取付。ニュートラル配線はマイナスコントロール?「TW125カスタム&整備記録④」

投稿日:2019年12月31日 更新日:

安い汎用のスピードメーターを購入。

先日無事にTW125のリアタイヤ交換が終わりやっと普通に公道を走れる様になりました。

大阪池田のサニーオートサービスで持込タイヤ交換。「TW125カスタム&整備記録③」

続いての整備&カスタムはスピードメーターの交換です。

今付いているスピードメーターは機械式なのでスピードこそ表示するもののバックパネル、ウインカー、ハイビーム、ニュートラル等のインジゲーターランプは一応配線されているにもかかわらず何ひとつ光りません。

トリップメーターも中途半端な距離ですので気分一新、新しいスピードメーターを購入してみます。

いわゆる中華製の汎用スピードメーターです。

送料込みで1600円。大丈夫かな?とも思いましたが諸先輩方のブログで取付されている記事も多数ありましたので迷わず購入。

無事に自宅に到着しましたのでさっそく取付してみたいと思います。

まずは既存のスピードメーターを取り外します。

メーターケーブルを取り外し、配線類も。

ライト裏にはごちゃごちゃになった配線がギボシ端子やビニールテープ、エレクトロタップ等色々な形で接続?配線されています。

一応配線は全てされているものの何一つ光らない。

アースかな?と思い確認してみますがどうやら違うようです。

とりあえず今の配線ではダメなので一度全て配線を外してみます。

新しいスピードメーターに付け替えていざ1から配線。

諸先輩方のブログを参考にしてみると…

(以下 コピペ)

【配線は全部で7本】

赤   ・・・ バックライト

太い黒 ・・・ バックライトのアース

細い黒 ・・・ ニュートラル、ウインカー、ハイビームのアース

黄色2本・・・ ウインカー

緑   ・・・ ニュートラル

青   ・・・ ハイビーム

 

と記載されていますが自身の購入したメーターの配線は計8本。

1本白い線が増えています。

憶測ではありますがニュートラル、ウインカー、ハイビームの3個の共用アースのうちニュートラルのアースが別に独立されて増えているようです。

調べてみるとニュートラルの配線に限りマイナスコントロールらしく今までの共用アースではニュートラル配線のみ「エーモン」「出力変換ユニット」
を中継させる事で皆さん対応されているようです。

しかしながら自身の配線にはおそらくニュートラルの独立した白色のアース線(この時点では暫定)がありますので白線をニュートラルの水色線に接続。

緑色のニュートラル線はバックライト同様イグニッション電源に接続。

無事にニュートラルランプが点灯。

その他の配線も諸先輩方のブログを参考に無事全ての配線が終わりました。

さっそく全ての点灯試験をしてみます。

イグニッションONでバックライト、ニュートラルランプ点灯。

ウインカー点灯時

エンジン始動後、ハイビームON

全てのランプが点灯し、無事にスピードメーター装着完了であります。

電気系は知識もなく苦手でしたが色々なブログを参考にさせて頂きなんとか完了。

しかしながら配線の処理が雑な為ライト裏は相変わらず配線がごちゃごちゃ。

いつか時間があれば綺麗に配線処理をやり直してタンク裏にでも隠してみようかと。

あとついでにテールランプもLEDのシンプルな物に交換しました。

こちらの方はすんなり装着。

徐々にではありますが自分らしいカスタムになってくるのは嬉しいものです。

さあ次はマフラー交換とシート交換ですかね。

続く。

-TW125(200)