スポーツスターXL883R クラッチレバーが太くて重たい。キジマスリムレバーに交換

スポーツスターのクラッチが重たい

ハーレーダビットソンXL883Rに乗り始めて二週間。

寒い日が続き、なかなか遠出はできませんが週末になれば用も無いのに近所をブラブラと走り回っております。

だいぶんこのバイクにも徐々に慣れてきたかな?と思う今日この頃。

最新の国産バイクとは違い、いろいろと難点がある事は乗る前から理解していたつもりなんですが…

とにかくクラッチが重い…

1時間程度走行していると左手が痛くなってきます…

そもそも純正のクラッチレバーが太くて大きくてグリップ位置から遠いので手が小さな自分はクラッチ操作が大変です。

もっと握力を鍛えなければいけませんね…

2003年以前のモデルは特にクラッチが重いようです。

何かクラッチが軽くなる対策品は無いかな?と購入したお店に聞いてみると…

ありました。

「VPクラッチ」

これ、めちゃくちゃオススメみたいです。

購入したショップの方も言ってました。

けど…高い…です…

予算的な都合もあるので今回はとりあえず見送りです(涙)

他にもいろいろと調べてみました。

もともとクラッチ自体が重たいのも原因なのですが…

とりあえず純正のクラッチレバーがデカくて太くてグリップから遠い…

もっとレバーが握りやすければ良いのに!

と、思い調べてみると良い商品発見!!

「キジマ スリムレバー」

純正のレバーよりも細くて、薄手で握りやすく手前に削り込む事で引きやすく出来る商品のようです。

さっそく購入。

もちろんクラッチレバーだけではなく、ブレーキレバーの左右一式での商品です。

せっかく交換するので純正の「クローム」では無く、カスタム車両を意識して「アルミダイキャスト製 ブラック塗装」の商品にしました。

自分で頑張って交換してみようかと思いましたが…クラッチワイヤー等の調整も必要な為、今回交換は購入したSHOPさんでお願いしました。

キジマ スリムレバー レビュー

SHOPさんで交換してもらってさっそく実走。

商品説明どおり、レバー自体が純正より細く、グリップから近くなっているのでかなりクラッチワークが楽になりました。

交換後、純正のレバーと比較してみましたが…やはりグリップからは近くなっていますし、レバーも細くなっているのでかなり操作は楽になりました。

しかしながら… やはり、まだまだ重たいです。

純正に比べるとかなり操作が楽になったのは確かですが…

欲を言えば…もうちょっとクラッチが軽い方が快適ですね…

握力を鍛えるか…
ゆくゆくは…お金を貯めて「VPクラッチ」を入れるか…

しばらくは握力を鍛える事に専念します。

-END-