「男前グリルプレート」と「アウトドアスパイスほりにし」で安い肉でも美味しいステーキに。

「男前グリルプレート」が欲しい。

最近流行りのソロキャンプ。

自身はもっぱらファミリーキャンプばっかりなのですがある日ソロキャンプで人気のテンマクデザイン「男前グリルプレート」という鉄板を発見。

リフター、収納袋付きで税抜き1980円(税込2178円)

これは欲しいと思いさっそくネットで調べてみますが流石人気商品。

既に完売や入荷待ちがほとんど。

やっと売っていると思ったら定価以上のプレ値です。

定価以上で購入するのはアホらしいので意地でも定価販売しているお店を探しましたがなかなか見つからない

ネットでも相変わらずのプレ値。

半分購入をあきらめていましたが、ある日京都の「WILD1」さんにふらっと立ち寄った際に偶然にも大量の「男前グリルプレート」が陳列されていました。

さっそく購入。

無事に「男前グリルプレート」を購入する事ができました。

「男前グリルプレート」をシーズニングしてみよう。

「男前グリルプレート」を購入し帰宅。

さっそく開封してみます。

同梱されている物は

男前グリルプレート本体

素材.鋳造鉄製 

サイズ. 207mm×143mm(深さ9mm)

重量. 875g

専用ハンドル 1

素材. 鋳造鉄製

サイズ. 180mm×25mm(板厚3mm)

重量. 95g

本体専用収納袋

ハンドル専用収納袋

素材.コットン

重量.2つで40g

原産国は中国です。

鉄板表面は波型構造で食材に綺麗な焼き目をつけるとともに余分な脂を溝に落としヘルシーに焼き上げる事ができるようです。

鉄板裏面は裏面にはテンマクデザインのロゴとBASE CAMPのロゴ。

小さな粒々の突起がありますがこの突起は滑り止めになり五徳からずれ落ちたりするのを防いでくれます。

これで本体価格が¥1,980(税抜)

お買得商品ですね。

そりゃ品切れでプレ値で販売されているわけです。

お探しの皆さんは頑張って定価で買いましょう。

WILD1」さんが穴場です。多分

と、言う事でまずは使用前に「シーズニング」という油ならしの儀式を行います。

まずは新品の鉄板に塗布されている錆止めのワックスを洗剤でガシガシ洗います。

続いて洗い終わった鉄板をガス火で熱します。

部屋でやると煙がモクモクと

屋外でやったほうが良いですね。

急いで換気扇を付けました。

充分に熱された鉄板にキッチンペーパー等で油を満遍なく擦り込ませましょう。

これで完成。

本当は鉄臭さをとる為に「クズ野菜」等を鉄板で焼いて完成らしいのですが横着な僕は割愛。

アウトドアシーンで活躍してくれるはずの「男前グリルプレート」ですが相変わらずのコロナ禍でなかなか出番がありそうもありません。

仕方がないので自宅で鉄板ステーキにチャレンジしようと思います。

シングルバーナーPRIMUS(プリムス)「2243

アウトドアシーンでの使用を前提としていますので自身の愛用シングルバーナーPRIMUS(プリムス)「2243」でチャレンジしてみたいと思います。

created by Rinker
プリムス(PRIMUS)
¥8,250 (2021/07/23 21:41:17時点 Amazon調べ-詳細)

2243」はかれこれ20年以上使用していますが故障も無くタフな一品です。

最近ではオシャレで収納もコンパクト、使い勝手の良いシングルバーナーが増えてきましたが未だにこのシリーズが販売されているのはやはり理由があるものです。

五徳は小さく収納出来ない代わりにがっちり安定、そしてその五徳が風防にもなる為屋外での使用時、少々風があっても大丈夫。

あとはバーナーの可燃範囲が広い(外径が大きい)ので満遍なく鉄板を加熱できる。

そんな素敵なシングルバーナーであります。

さて、後はステーキを焼くだけです。

「男前グリルプレート」でステーキを焼く。

準備は整いましたので本日ステーキを焼いてみたいと思います。

まずはディスカウントスーパーで激安のサーロインステーキ用の牛肉を購入。

200g500円。

こんなに安いお肉で大丈夫でしょうか?

パッケージには「売れてます!」「特上」と記載されていますが

まずは購入したお肉を常温ちかくになるまで放置。(これ重要)

2243」の上に「男前グリルプレート」を設置して着火します。

充分に鉄板が熱されたらいよいよステーキ肉を鉄板の上に。

「ジューッ!」とお肉の焼ける良い音と匂いが。

今回はレアで仕上げてみようと思いますので片側を30秒程度焼いてひっくり返します。

良い感じに焼き目が付いています。

続いて鉄板の隅にニンニクのスライスも焼いてみます。

なんとも良い香りです。

キッチンバサミで一口サイズにカットして出来上がりです。

味付けはこの時の為に購入しておいた「アウトドアスパイスほりにし」を使用。

こちらもアウトドアシーンでは既に超が付くほどの有名スパイス。

和歌山のアウトドアショップ「orange」さんのオリジナルスパイス。

最近ではスポーツオーソリティでの取り扱いもありますが在庫が不安定。

僕は「なんばパークス」の「orange」さんで購入しました。

そんな素敵なスパイスを焼きたてのステーキに一振り。

さっそく実食してみると

「美味い!!」

鉄板で焼き目の付いたレアなステーキにほりにしスパイス。

これはなかなか美味であります。

さながらやはりディスカウントスーパーの安いお肉。

もう少しだけ高級なお肉でやってみたら完璧ではないでしょうか。

次回は少しだけ良いお肉でステーキを作ってみようと思います。

次のキャンプが待ち遠しい今日この頃です。

-END-