釣行記

初メバルプラッキング。「ガンシップ36SS」で明石周辺ランガン。

投稿日:2018年12月20日 更新日:

「プラグ」でメバルが釣りたい。

11月の「淡路島 岩屋一文字」でデイゲームで無事?見事?に初メバリングに成功した訳ですが…

(その時の記事はこちら↓)

淡路島「岩屋一文字」でサビキ、ワインド、ショアジギ、ノマセ、メバリング。

その時はいわゆる「ジグ単」って言うのでしょうか?

「ジグヘッド」「ワーム」を付け、岸壁沿いの中層付近でチョンチョンと誘いを掛ける釣り方でした。

僕自身が思い描いている「メバリング」ってのはナイトゲームで常夜灯周りをプラグで探るイメージだったので前回の初メバリングは少しイメージが違いました。

そんな自身のメバリングのイメージで以前購入した未使用の「SMITH ガンシップ36」達がタックルボックスの中で寂しそうにしております。

なんとか年内にメバルプラッキングの経験を積みたいと思い同僚さん2人を誘い仕事終わりに釣行決定。

1人はアジング経験者ですが「メバリング」は未経験のM君。

もう1人は「アジング」「メバリング」も未経験ですが「バス釣り」「シーバス釣り」「鰻釣り」が好きなNさん。

つまり「メバリング初心者」3人であります。

こんな3人で大丈夫だろうか?という不安もありましたが何事も経験であります。

まあドライブがてらナイトゲームを楽しもうというノリで行き先も決まらずまま集合。

スポンサードサーチ

釣行先は「明石方面」

芦屋浜や神戸港でも最近メバルの釣果はあるようですがサイズも小さくまだ釣れ始めのようです。

調べてみると「泉南方面」「明石方面」の釣果情報が良かった為、適当に明石方面に行こうという事になりました。

グーグルマップを起動し、目的地は「明石港」へと。

阪神高速7号神戸線を走りながら明石港周辺の地図を見ていると明石港より少し西に「林崎漁港」という港があります。

中々良さそうな漁港だったのでまず最初の目的地を「林崎漁港」にして、そこから東に向かい下道でランガンしようという事に。

釣行後「林崎漁港」を調べてみると有名なポイントのようですね。

「林崎漁港」に到着。さっそくメバリング開始。

とりあえず目的地に到着し漁港を見渡します。

沖向きに陸続きの長い波止があり常夜灯も所々にあります。

内側もあちこちに船が停まっていますが常夜灯も適度にあり、風も波も穏やか。

なにぶん初心者3人ですので、まずは内側でチャレンジ。

車から降りてさっそくメバリング開始。

今回の自身のタックル構成は…

ロッド : SMITHのロッド「ダークシャドゥTZ 7.3」DSTZ-73

created by Rinker
スミス(SMITH)
¥38,720 (2020/07/12 22:27:58時点 Amazon調べ-詳細)

リール : DAIWA「月下美人 16 MX 2004 」

ライン : PE0.3号

ルアー : ガンシップ36SS

初めてのメバルプラッキングなのでセオリーどおりに…

「常夜灯周りにキャスト」

「ラインスラックを取りリーリング(デッドスロー)」
(1秒でリール一回転を意識)

「たまにチョンチョンとトゥイッチを入れて その後ポーズ」

…を繰り返します。

「ホンマにこんなんで釣れるのかな?」と思いながらの3投目。

1…2…3……「ポーズ」

「ガツンッ!」

きました! ひったくるようアタリです。

慎重に巻き上げて見事にメバルゲットであります。

サイズは18cm。

少し小さいサイズではありますが見事に「初メバルプラッキング」でメバルゲット。

これは嬉しい。

その後同僚のM君もプラグで同サイズ位のメバルをゲット。

Nさんはジグヘッドであちこちを探りますが根掛かったりライントラブルで苦戦しております。

その後自身とM君は更に1匹ずつキャッチ。

良い感じです。

更にキャストを繰り返していると表層で小さなアタリが。

小さなメバルかな?と思い巻き上げて見るとまさかの「小アジ」

3.6cmもある表層付近のプラグにバイトしてくるとは中々勇敢な小アジ君です。

そんな勇敢な小アジは持ち帰って唐揚げにしてやろうと思いクーラーへと。

その後もジグヘッドで「ミニガシラ」を数匹キャッチして場所移動。

スポンサードサーチ

旧波門崎燈籠堂でデカメバル

車を明石港方面に走らせながらグーグルマップを見ていると「旧波門崎燈籠堂」というところがなんだかきになったので立ち寄る事に。

外向きのテトラが良さそうな感じでしたが風も強く暗いのでまたまた初心者の僕達は内側の船着場で釣り開始。

小さいながらもここでもメバルが遊んでくれます。

しばらくして少し離れた場所でM君がデカメバルゲット。

ドラグを抑えながらよっこらしょと持ち上げメバルを足下に置いた瞬間に「野良猫」がメバルを咥えて逃走。

一瞬の事だったので一同呆然…

おそらく25cm以上はある良型でしたがあっさりと野良猫に盗まれてしまいました。

「泥棒猫」と言う言葉の語源はこういうところからきているのでしょうか?

気を取直して再び場所移動。

既にこの時点で0時を回っていましたのであまり時間がありません。

すぐ近くのフェリー乗り場近辺で再び釣り再開。

未だにボウズのNさんになんとか1匹でもメバルを釣ってもらいたいと思い初心者2人でNさんを見守ります。

Nさんを見ていると結構激しく「チョンチョン」ジグヘッドをアクションさせているので「もう少しゆっくりとフワーッって竿を立てて見たりフォールさせてみたほうが良いのでは?」と初心者ながらアドバイス。

するとしばらくしてNさん見事にメバルゲットであります。

「言われた通りにしたら釣れました!嬉しい!。」

Nさん大喜び。適当ながらアドバイスして良かったと思います。

続いてNさんまたまたゲット。

やはりアクションの仕方次第で釣果は変わるものですね。

調子が出てきたところではありますが既に1時前。

明日も仕事なので残念ながらここで納竿。

本当は明石〜芦屋浜までランガンするつもりでしたが結局明石周辺だけでタイムアップ。

楽しい時間はあっという間であります。

これからますます寒くなりますが引き続きメバリングを楽しみたいと思います。

-END-

-釣行記