淡路島の美味しい海鮮ランチ。福良「ひらまつ食堂」 で造り定食と活あなご造り。

淡路島旅行でのランチ「ひらまつ食堂」

今年の夏休みは淡路島に家族旅行。

11組限定の貸別荘ヌークPrivate Villa Nook

が運良く予約できたので7月後半の平日に有給を使って行ってきました。

貸別荘ヌークPrivate Villa Nookの記事はコチラ↓

貸別荘ヌーク(Private Villa Nook)へ。 旅行といえばキャンプや車中泊ばっかりの我が家。 たまには素敵な宿泊先でのんびり...

チェックインは15:00以降なのでゆっくりのんびり淡路島を観光してから、前から訪問してみたかった「ひらまつ食堂」さんでお昼ご飯にしたいと思います。

因みに念のために2日前にお店に電話して予約しておきました。

「ひらまつ食堂」に入店

少し早めの11:40頃にお店に到着。

既に1組の方が駐車場で待機しております。

僕も駐車場に車を停めて開店まで待機します。

しばらくするとまた1台の車が駐車場に。

開店5分前になりましたので車から降りてお店の前へ。

他の方々もお店の前へと来たところでお店が開店しました。

予約の旨を伝えてテーブルに着席。

他の方々も続々と入店し、あっと言う間に予約客だけで満席になってしまいました。

その後も数組の方が来られましたが満席の為入店を断られておりました。

夏休みとはいえ平日なので大丈夫だろうと思っていましたが予約しておいて良かったです。

さすが人気店。

それではさっそく注文を。

念願の「活あなごの造り」

「造り定食」

「おさかな定食」

「天ぷら定食」

「活あなごの造り」

を家族4人でシェアしたいと思います。

まず最初に運ばれてきたのは「活あなごの造り」

今回の「ひらまつ食堂」さんへの訪問は、この「活あなごの造り」が食べたかったからと言っても過言ではありません。

これがめっちゃ美味かった。

見た目も「映え」なグルっと巻きの姿造りです。

ちなみにアナゴを刺身で食べるのは初めてです。

それでは実食。

アナゴというと少し生臭さがあるのかと心配していましたがまったくそんな事はなく綺麗な白身で凄い弾力。

そして脂が乗っててめっちゃ美味いです。

薄造りと半分は「炙り」での提供。

炙りのほうは適度な香ばしさと脂がジュワッと溢れだしており,これまた美味。

食べてる最中もさっきまで活きていたアナゴまだ動いて動いています。

定食が来るまでの間、家族4人で「美味しい!美味しい!」と食べていたらアッと言う間に無くなってしまいました。

残った頭と骨は「唐揚げ」にしてもらえるらしいので店員さんを呼んでお皿を下げてもらい「唐揚げ」をお願いします。

お皿を下げてもらうとほぼ同時に「おさかな定食」がやってきました。

「おさかな定食」は日替わりになっており、本日は「スズキのポワレ、ラタトゥーユ添え」となっておりました。

他にも「天ぷら」「寿司」等色々と小鉢が付いておりボリューム満点。

続いてやってきたのは「造り定食」「天ぷら定食」

「天ぷら定食」は写真を撮り忘れてしまいましたが大きな「海老天」二つと他色々な天ぷら達。

「海老天」は当然の如く「息子&娘」に食べられてしまいました…。

まあ僕には「造り定食」があるので良しとします。

「造り定食」のお造りは…

メイン「トツカアジ」

「ハマチ」

「キス」

「さわら炙り」

「ヤリイカ」

「赤うに」

「シマアジ」

「コショウダイ」

「メイタガレイ」

「たこ」

の全10種。

非常に豪勢です。

お造りの横に配置と種類を書いたメモを添えてくれているのは非常に親切。

子供達の良い食育となりました。

そんな美味しい定食を食べ終わると続いては先程の「あなご」が唐揚げになってやってきました。

揚げたてのあなごの唐揚げは塩のみのシンプルな味付けですがこれが美味い。

今回は運転があるのでノンアルで我慢したけど今度は夜に来て飲みたい。

淡路島に来た際には再訪してみようと思います。

御馳走様でした。

ひらまつ食堂詳細情報

ひらまつ食堂

兵庫県南あわじ市福良丙28-19

お問い合わせ 0799-52-0655

定休日 月曜日

駐車場有り(店前無料駐車場4台※店内スタッフにお尋ねください)

営業時間 昼12時~14時 夜18時~22時