音海大波止で車中泊。ヤエン釣りをしたいがエサの豆アジが釣れず撃沈。

家族で音海大波止まで。車中泊の旅

先日は「ウミック」さんで「ヘタが崎筏」に渡り価値ある一杯のアオリイカをなんとかゲットしたので今回もアオリイカをヤエン釣法で狙いたいと思います。

前回のウミックさんでの釣行記事↓

秋アオリをヤエンで釣りたい。 そろそろ秋のアオリイカシーズンですので平日ではありますが有給を取らせてもらい いざ日本海へ。 「ウミック」...

ちなみに我家は毎年家族で音海の大波止で車中泊しながらファミリーフィッシングするのが恒例なので今回も音海の大波止で子供達にサビキで豆アジを釣ってもらい、そのアジでヤエン釣りをする作戦です。

音海大波止に向けて出発。

今回はのんびりと下道で国道173号線から国道27号線を経由して福井県を目指します。

道の駅「瑞穂の里 さらびき」

途中道の駅「瑞穂の里 さらびき」で少し休憩。

休憩後 再び車を走らせます。

国道173号から国道27号線に入りいつも通り釣具屋さんの「ウスイ」でアミエビ等のエサを購入。

そろそろお腹が空いたのでお昼御飯を食べたいのですが数日前に「のぶ幸」さんに行ってきたところなので今回は国道27号線沿いにある「おこじょ」さんに行きたいと思います。

「おこじょ」でランチ。ボリュームたっぷり。

「おこじょ」さんには去年の夏に友人と初めて行ったのですがとてもボリュームがあり美味しかった思い出がありましたので今回は家族でランチをしたいと思います。

ここのお店は国道27号線沿いにあるのですが特に看板も無く森のような木々の中にポツンと山小屋の様なお店がある為、初めて来た時は何度も国道27号線をUターンしてお店を探すのに苦労しました。

12時を少し回っていたのですがたまたまなのか駐車場を見ると車が1台、先客が1組だけでした。

意外と空いているな、と思ったのも束の間、すぐに車が2.3台入って来たので慌てて入店。

因みにこのお店のメニューはどれもとってもボリュームたっぷり。全てが美味しいのですが1人で完食するのには一苦労します。

なので家族4人ですが名物メニューの「おこじょ」を2つ注文。

奥様は嫌な顔一つせずにメニューを通してくれておまけに子供達にサービスでおそらく手作りであろう「苺シャーベット」を出してくれました。

しばらくして料理の登場です。

前回は注文してから1時間近く待たされましたが今回は30分程度で料理がやってきました。

今回も1時間は覚悟していましたが嬉しい誤算であります。

エビフライ、地魚のフライ×2、ポーク網焼、てんこ盛りのサラダ。

あと写真を撮り忘れましたが「地イカのお刺身」とてんこ盛りの「ライス」

全て美味しく頂きお腹いっぱい。
ご馳走さまでした。

お店を後にして音海大波止を目指します。

国道27号線「日置」の交差点を左折すれば15分程度で音海の大波止に到着するのですがその前に交差点横のコンビニで明日の朝ごはんのパンや飲み物を購入。

いよいよ大波止までもう少しです。

「音海大波止」に到着。

音海の大波止に到着するとやはり凄い車の数。

たくさんの釣り人で賑わっています。

さっそく我家も道具を運んで釣りをしようとするのですが午後1時過ぎだったのでなかなか釣れない時間帯ですね。

サビキやエサ釣りの仕掛けを準備しながら周りを見渡しますが誰もアジが釣れていません。

無駄にアミエビを消費するのもどうかと思いしばらく待機です。

子供達は早く魚釣りがしたいと言うもんですからたまにサビキをさせてあげるのですがまったくの無反応。

餌取りさえも掛かりません。

まあ時合いがくれば豆アジも回ってくるだろうと呑気に構えていたのですが気が付けば午後5時。

アカンアカン。これじゃヤエンができへん。

辺りは徐々に暗くなり始め風も強くなり寒くなってきたのでいったん車へ撤収。

こんなはずじゃなかったのですが…。

とりあえず車へ戻り晩御飯の準備を。

我家の定番スタイル。

ユニフレームファイアグリル

炉端大将

尾上制作所のマルチファイアテーブル

を使いBBQの始まりです。

御飯を食べている間も納竿して帰られる方、今から来て準備をしている方、屋台のラーメン屋さん等 常に大波止は賑わっていますね。

少し寒かったので先に車内を車中泊仕様にフルフラット化して子供達は車内で御飯を食べるようにしました。

食事を終えて僕1人再び大波止に戻りエギを投げたり探り釣りをしてみますが全くの無反応。

他の方々も全然何も釣れていない。

音海の大波止でここまでシブいのは初めてです。

気を取直して明日の早朝から頑張ろうと思い就寝する事に。

音海大波止2日目の朝

朝の5時に起床。

車から大波止を見て見ると既に大盛況。

さっそく着替えて大波止に行きサビキをしてみます。

全然何も釣れません…

周りも全然釣れいない…

そうこうしているうちに子供達も起きてこちらにやってきました。

子供達にもサビキをしてもらいます。

すると娘が「なんかブルブルってなった!」

やっとアジが回ってきたのかと思い慎重に巻き上げてもらうと…

「スズメダイ」…

続いて息子が「なんか釣れた!」と言うので次こそは思い期待していると…

「ベラ」…

その後も「スズメダイ」「ベラ」「カワハギ」しか釣れません。

子供達はそれなりに何かしら釣れるので楽しんではいるのですが僕の方は肝心のアジが釣れないのでヤエン釣りができません…

結局10時半まで粘ってみたのですがアジは1匹も釣れず…

子供達の釣った小さい「カワハギ」4枚だけがお土産となり納竿…

帰り道に国道173号線沿いで「丹波篠山の黒大豆枝豆」を購入し帰路へと着きました。

こんな日もあるさ、と自分に言い聞かせ さっそく湯掻いた黒大豆枝豆をつまみながら子供達が釣ってくれた「カワハギ」のお吸物をすすり次回の釣行に期待したいと思います。

-END-