三重県 「宮川支流(藤川、一之瀬川、にごり川)」投網旅行2018 ①

今年も行きます「投網旅行」

三重県の宮川に鮎の投網旅行に行ってきました。

7/15〜16

うちの会社の先代の社長(相談役)が投網が趣味で毎年夏になるとあちこちの川に投網旅行に出掛けます。

今年は去年実績のある三重県の宮川に。

宮川の良いところは「投網」の解禁が7/15から。

普通の川はもう少し遅い解禁なので型は良くなっているのですが「鮎師(友釣師)」に釣られきった後で数が少ないのですがこちらの川は7/15に解禁。

いよいよ出発

朝の7時に相談役邸に集合。

もちろん出動するのは我が愛車「デリカD5」

一度川に入るとそこからはウエットスーツを着ながらの移動になるので出発時からシートには「防水シートカバー」を装着。

シュノーケリングマスクゴープロをマウントできるアタッチメント付きのマスクに新調しました。

高速道路で約2時間少し。

亀山のPAで少し休憩。

前々日に漁協にTELしてみると鮎のサイズは良く「友釣」でも良型がたくさん釣れているとの事で期待が膨らみます。

「出光石油」で「遊漁券」を購入

本日は祝日の為「宮川漁協」は休みなので「遊漁券」を取り扱っているR42沿いの「出光石油 (㈲松田石油)」で年券を購入。

早速去年の高実績ポイントの宮川の支流「藤川」に向かいます。

「藤川」に到着。

ポイント到着後川を見てみるとそれなりに鮎がいます。

去年より少し型が小さいかな?などと思いながらウエットスーツに着替えていざ出陣。

早速 相談役が投網を打ちます。

僕はすぐさま潜って鮎チェック。

一回網を打つと数匹は網にかかるのですが去年に比べてサイズがだいぶん小さいな。

天ぷらか唐揚げサイズ位ですね。

今回の目的は獲り立てを現地で塩焼!

なので小さい個体はリリース。

続いて「一之瀬川」に。

キープサイズを数十匹確保し次の支流「一之瀬川」に。

この川も良型は少なくキープサイズを数匹確保し下流の宮川との合流付近へ移動。

「投網師」発見。

川へ降りると投網師発見。

話しかけてみると なんと本日初めて投網を打つ方でした。

お話し好きな相談役と社長は投網の投げ方を「レクチャー」しています。

しかしここのポイントは水深が深く流れがきついので投網には向いていないポイントだったので数回 網を打ちまたまたキープサイズをある程度確保し本日は終了。

お昼ご飯は「虹橋食堂」さんへ。

お昼を過ぎてお腹がペコペコだったので近くのラーメン屋さん「虹橋食堂」さんへ。

いかにもチェーン店っぽいラーメン屋さんで たいして期待していなかったのですが祝日という事もありお店は大混雑。

やっと着席しラーメン、餃子、エビチリ、焼飯をオーダー。

さすが混雑しているだけあってどのメニューも美味しく頂きました。

特に餃子がニンニクが効いていて美味しかった。

ハンドルキーパーでなければBEERを飲みたかった…
(; ´_ゝ`)

遅めの昼食を終えて本日宿泊予定の「ルートイン松坂駅東」にチェックイン。

晩御飯は「かに久」さんへ。

ホテルで軽く休憩後 前日に予約していたカニ料理のお店
「かに久」へ。

相談役というスポンサーがいますので好きなメニューを食べ放題。

投網旅行の醍醐味の一つであります。笑

しかしながら本日はあまり良型が獲れずこのままでは明日 悲願の「現地で塩焼」が達成できません…

なんとかせねばと思うのですが美味しい料理とお酒を飲んでいると いつのまにかそんな事は忘れ愛宕町へとタクシーを走らせています。

明日は早起きせねば……

続く

続きはコチラ